資産運用|資産運用セミナー・資産運用アドバイス・老後資金準備

資産運用|老後資金準備セミナー・ライフプランセミナー・老後資金準備は FSP へご相談ください

FrontPage

今までの「ライフプラン・コラム」

インフレになると貯蓄よりも投資!!

資産価値と言う言葉があります。これは、その時のインフレを考慮した評価額で、同じ1万円でも、例えば、インフレが進んでいれば9,000円の価値になり、デフレの時には11,000円の価値になるというのが、インフレ・デフレによる実質評価額です。

資産価値により買えるものや量が異なります。同じ1万円でも、インフレの時は、デフレの時よりも、変える量は少なくなります。

インフレになるときには、貯金が最も非効率です。絶対額は、増えも減りもせず100万円は、どこまで行っても100万円です。物価が上がっても100万円のままです。ガソリン価格が、140円/1ℓでも150円/1ℓになっても、100万円はそのままです。つまり、インフレ時には、100万円で買える量が減ってきますので、実質100万円以下になっていることになります。

しかし、あくまでも資産価値ですから、資産が減っているということは、目に見えません。目に見える数字は、達問えば100万円は100万円ですから、何も変わってないように思えます。ここが落とし穴です。

言い換えれば、100万円でいろんなものが買えたのが、インフレが進むと、100万円では欲しいものが買えなくなるということです。

デフレの時代は、年収300万円でも生活はできましたが、インフレの時はとても生活ができません。食事もままならないということになることも考えられます。

今までは、円高だったので、年収が低くても、何とか人並みの生活が送れました。円高だったから、フリーターでもよかったですし、契約社員でも生活ができたのです。

しかし、円安になると、モノの値段が上がってきますから、給料の絶対額が上がらない限り、今までと同じ生活は送ることはできなくなります。それがインフレと言うものです。

インフレを乗り切るには、物価上昇に見合った所得の増加しかありません。給料の場合は、自分の思い通りに所得が上がるわけではありません。残された道は、資金の運用しかありません。つまり、これからの格差社会とは、運用する人としない人に分かれるということで、運用している人が、いわゆる勝ち組になるということになります。
 デフレ社会では貯蓄が一番でしたが、インフレ社会となると、運用している人が有利になります。株や不動産を資産として保有している人が勝ち組に名を連ねてくることになります。
 
 今からでも、ぜひ運用手法を学ぶことをお勧めします。

政府はデフレからの脱却を高らかに宣言しています。円安誘導を政策としています。日銀総裁は、堂々とインフレにする、しかも2年間で2%物価を上げると言っています。

運用手法を学ばずして将来展望はありません。そのちょうどいい場所が確定拠出年金制度です。この制度を積極的に利用することで、運用を学ぶことも実践することもできるのです。

今が運用を学ぶ絶好のチャンスのときです。まさに、今でしょう!!

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional