資産運用|資産運用セミナー・資産運用アドバイス・老後資金準備

資産運用|老後資金準備セミナー・ライフプランセミナー・老後資金準備は FSP へご相談ください

FrontPage

情報誌「ら・ぽーるマガジン」発行のご案内

画像の説明

“ら・ぽーるマガジン” ... 知的貧富の差を乗り越えるために物事を客観的に捉え、何をしなければならないかを考える週刊情報誌です。
一週間の出来事をまとめ、今週に備えるために、毎週月曜日に発行しています。
主観は排除し、過去の常識にとらわれず、「Opinion」ではなく「Fact」を伝えることをモットーとしています。
転ばぬ先の杖...それがこの“ら・ぽーるマガジン” です...

   発行日:毎週月曜日
   費 用:月額324円(申込後1ヶ月間は無料
   内 容:1,今週の重要指標&予定
       2,マーケット情報&経済のポイント
       3,今週の時事ネタ
       4,“億り人"になる!!
       5,よもやま話~近況

*ブログやコラムでは絶対に書けない内容を、会員限定に配送。
*「マーケット情報」は、実際に投資を行っている人からの現場の情報をもとに解説。
*「今週の時事ネタ」は、報道では語られない独自の調査からのネタです。
*「“億り人"になる!!」は、1億円の資産作りのためのアドバイスのコーナーです。

「らぽーる」とは、臨床心理用語で、クライアントとの「架け橋」を意味します。情報を通じて皆様との架け橋が「らぽーる・マガジン」です。

今なら、お申し込み後一か月間は無料でご覧いただけます!!
過去の情報誌も見ることができます...

今週号(2018年4月9日発行)のご紹介

    目次
     1,今週の重要指標&予定
     2,わかりやすい経済のはなし
       ○ 今マーケットでなにが起こっているのか
          ・米中貿易戦争に振り回されるマーケット
          ・裏情報を語る人がいますが...
     3,いま話題のニュースの裏側
       ○東京都迷惑防止条例改正へ
     4,絶対に“億り人"になる!!
          ・トレードは「メンタル」か
     5,今週の相場シナリオ(私見)
     6,よもやま話~近況


今マーケットでなにが起こっているのか

☆米中貿易戦争に振り回されるマーケット


マーケットは完全に、トランプ大統領による対中貿易制裁発言に振り回された一週間でした。

米中貿易戦争加熱懸念でマーケットは下落、緩和期待で上昇を繰り返しました。

リスク・オフの様相では、
・株価下落
・債券価格上昇、利回り低下
・VIX指数上昇
・ドル売り加速
・金価格上昇

リスク・オンに転じると
・株価上昇
・米10年債利回り上昇(債券価格下落)
・VIX指数低下
・ドルの買い戻し
・金貨価格下落

これを海外市場からみれば、新興市場はドルが買われ米長期金利上昇で下げ、ドルが弱くなり米長期金利が下げると新興市場が人気になります。

日本市場は、概ね・・・

     ~以下略~

☆裏情報を語る人がいますが...


米国と中国とは、実はテーブルの下では手を握り合っている...

こんな話を聞きます。かつて、太平洋を米国と中国で半分ずつにしようという話し合いがなされていたとか。

この話は裏情報でもなんでもなく、実際に活字になって報道されてはいました。最もトップ同士の話ではないですけどね。

マーケットはほんの一握りの人が牛耳っている...

これは都市伝説のようなイメージでよく聞きます。だからわれわれがいくら考えても、マーケットがどうなるかは既に決められているのだそうです。

裏情報があり、それが正しいかどうかは置いておいて・・・

     ~以下略~

政治・時事情報

☆東京都迷惑防止条例改正へ

ほとんど注目されていないものですが。小池東京都知事は東京都迷惑防止条例を改正しました。

森友問題で、総理官邸前や大阪府庁前で抗議のデモが行われていますが、この東京都迷惑防止条例改正においても、改正反対の運動が繰り広げられています。

改正の目的は、規制対象の拡大です。

先月の22日、都議会の警察・消防委員会では、約40人いた傍聴席から「都民の代表ならもう少しじっくり考えて」「最低だ」などと怒号が飛び交う中で、共産党を除く会派の賛成多数で可決されました。

審議は3日間、合計約3時間での可決です。

この日の夕方には、都庁前で70人ほどの抗議活動が見られ、ネット上でも署名運動が起きています。

東京都迷惑防止条例は1962年に制定され・・・

     ~以下略~


“1億円"への道 ~ 絶対に“億り人"になる!!”

☆トレードはメンタルか

よくトレードするにはメンタルを鍛えなければならないと言われます。それだけトレードはタフさを要求されるのでしょう。

でもこれはトレードとの向き合い方を言っていて、実際のトレードを行うスキル向上を語っているものではありません。

裁量トレードである限り人間が行う作業ですから、心の揺れ、乱れ、思惑や欲に左右されることは多々あります。

感情が行動を縛ることは考えられます。それが概ね失敗へとつながると考えられます。

感情が行動にプラスに働くことも、あることはあります。

スポーツの世界において、ポジティブシンキングを繰り返すことで、思わぬ力を発揮することができたり、苦しみを耐えることができたりするのでしょう。

ただ概ね感情は、行動に対してマイナスに作用することが多いです。どうしても欲を押し殺せないですし、まず何もしないという待つ行動が取れません。

ついついイライラやもどかしさから無駄な行動を取りたがります。

だからトレードをする際には・・・

     ~以下略~

情報誌「ら・ぽーる」購読お申込み


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional